Top > Blog > 2012-01-23
Last-modified: Mon, 23 Jan 2012 23:55:54 JST

実現したイメージ

今日はスキーせず、のんびりと白馬を出発して、夕方に名古屋に帰ってきた。

先週の木曜のカンブリア宮殿なんだけど、地元名古屋のブラザー工業が取り上げられるということで見るつもりだった。が、風邪の引き始めで墜落してしまって、見逃していたんだよね。そしたら、昨日の夜に宿でBSの再放送がやってて見れた。

こういう番組をかなり見慣れているのもあって、正直なところ、メインの内容は普通過ぎて印象に残るところが無かったんだけど、番組最後の対談部分で漏れた、社長の小池さんのパーソナリティが頭に残ってる。曰く、「社長になることが可能な会社だと思って入社した」と(原文とは微妙に違うかも)。

これ、けっこう大事だと思わない? 野心がどうこうではなくて、将来のイメージを持ってるってこと。ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」なんて本もあるね。20歳の頃から社長になったときのイメージを持って仕事してれば、何でも吸収早いよね(今はあんまり表には出さないほうがいいのかねぇ)。人選が始まったときに、もう準備できてる人間がいて、なんかやけに若いけど。みたいな感じなんだろう。

出世の話じゃなくても、何か夢や目標があるなら、実現した状態をイメージできると、実現する日が前倒しになる。発明や、人付き合いでも。ここ数年、少なからず実感もある。

あ、要はこれ、ハングリー精神とほぼ同じものだなって、今書いてて思った。




コメント

適当に書いて頂いて構いません。スパム対策があるので、書き込めない場合があります。また、ボタンを押した後にしばらく時間がかかります。

新規コメント(ラジオボタンで親コメント選択可)
お名前

現在、コメントはありません