Top > Blog > 2009-10-30
Last-modified: Sat, 31 Oct 2009 00:30:00 JST

防水カメラ

dyn_img:091030_PowerShotD10.jpg

会社の作業現場用として、防水性と耐衝撃性に期待を込めてCanonのPower Shot D10を買ってみた。

余っているEye-Fiを突っ込んでみたら、ちゃんと動作した(使ったのは旧タイプのもの)。パソコンを使うのが苦手な人への配慮として、社内のファイルサーバーに写真を自動的にアップロードする設定にした。

これで、作業の記録を写真でガンガン撮ってもらうつもり。記録をデジタルで残すという文化が少しずつでも定着していって欲しいと思っている (^^)

さて、このデジカメ、画質が最近のデジカメにしては良くないです。同じ価格帯では2世代くらい前の印象。明るいところは当然綺麗なんですが、室内の明るさになるとイマイチ。UXGA(1600X1200=200万画素)での記録でもパステル画チックなのにはちょっとガッカリだった。

ま、この辺はコストの大部分を防水性などに振ってしまったので仕方が無いというところかな? 他、ボタンは大きくて押しやすいけど、ストロークが深め、ってところ。電池の持ちなんかは今のところ不明。


最後に、どうしてもやめて欲しいと思った点を書いておく。箱を開けてみると、ストラップがいくつも入っている。長さやフックの違いで合計4種類。さらに、写真の青い部分の色柄を変えられる化粧パネルも余分に3つ入っていた。

どっちもオプションでいいと思う。オプションにしたら、ほとんど売れないだろうけど。パネルを変えるときにねじを外すみたいなんだけど、そのための六角レンチまで付属。速攻で全部ゴミ箱行きだった。時代錯誤なパッケージにドン引き。

捨てるのがもったいないんじゃなくて、使わないものを付ける方がよっぽどもったいないと思うんだよね。たのんますわ (..;




コメント

適当に書いて頂いて構いません。スパム対策があるので、書き込めない場合があります。また、ボタンを押した後にしばらく時間がかかります。

新規コメント(ラジオボタンで親コメント選択可)
お名前

現在、コメントはありません