Top > Blog > 2008-10-14
Last-modified: Wed, 01 Oct 2008 01:47:59 JST

Dino-Lite Pro.

dyn_img:080929_Dino-Lite.jpg

写真のグッズですが、何だか分かりますか。

これ、顕微鏡として使うカメラです。USBでパソコンにつないで見ます。 ライトが付いていて、光源を気にせずに見れます。

そう、簡単に言うと、育毛系のCMで頭皮の状態を見るためにお姉さんが男の頭に当ててるカメラ、まさにあれです。

1年ほど前、職場で使っている人がいたんですが、改めて調べてみると、CCDが30万画素から130万画素にアップしたバージョンが発売されていた。記憶をさかのぼると解像度以外は文句無しの印象だったので、速攻で注文。これでパソコン画面全体の解像度で見れる、ってな感じ。

「Dino-Lite」って名前のシリーズで、解像度や偏光フィルタの有無などのラインナップがあります。コマーシャル通り、ちゃんと綺麗に写ります。真空容器を作ろうとしていて、シール部分からガスの漏れがあるということで、切削加工後の材料表面なんかを見てます。肌とか見ても、気持ち悪くなるだけです。

強いて不満点を言えば、ホワイトバランスとカラーバランスの応答がちょっと鈍い(変化が大きいと落ち着くまで2秒くらいかかったり)。ま、動画に使わないならほとんど問題ないのではないかと思う。

何か面白い絵が撮れたらアップしますね (^^)




コメント

適当に書いて頂いて構いません。スパム対策があるので、書き込めない場合があります。また、ボタンを押した後にしばらく時間がかかります。

新規コメント(ラジオボタンで親コメント選択可)
お名前

現在、コメントはありません