Top > Blog > 2008-09-05
Last-modified: Fri, 05 Sep 2008 08:56:17 JST

Google Chrome

先日発表のあったGoogleのブラウザChromeですが、使ってみました?「ちょろめ」って書かれ始めてますが、愛着ある呼び方だなって思います*1

Googleにしては、機能と無関係な命名をしたなぁ、というのが第一印象です(Picasaもそうですが、あれは買収してきたものですよね)。そして、インストールするフォルダが選べず、勝手にインストールが進んでいったのが気持ち悪かったです。 そして、このレベルのものをよく直前まで秘密にしておけたな、と思いました。

個人の趣向ですが、シンプルなルックスはとっても好きです。まだ出たてなので、あんまり文句を言うつもりはないんですが、PDFファイルを開けないときがあるのと、Flashが見えない場合があり(合計3台で使ってみましたが、再現性もいまいち不明)、特に仕事では相変わらずFirefox3+IE View*2がメインです。


さて、ここからはPukiwiki Plus!についてです。無関係な方、ごめんなさい。

このサイトの見た目のチェックもChromeを使ってみた目的のひとつでした。Safariと同じエンジンなんで大丈夫でしょ、って思ってましたが、致命傷ではないにせよ見事にダメでした。

メニューの「ツール」→「オプション...」→「フォントと言語」で日本語に設定してあっても、UA(User Agent)に出てくる言語表記はen-USのようです(→ここを参照のこと)。

そして、Pukiwiki Plus!はUAの文字列を元に言語切り替えをしているので、一部が英語化してしまっていた(設定次第です)*3

下記ページを参考に、ja-JPしか使わない設定にしてやりました。
http://pukiwiki.cafelounge.net/plus/?Documents/Tech/I18N&word=$language

今日は以上です。涼しくなってきて気持ちいいですね! 昼休みは屋上に出るのが日課です。


*1 正しい?日本語は、クロムかクロームあたりでしょうね
*2 IE ViewはFireFox用のアドオンで、リンクをIEで開けるようになります(右クリックでめんどいですが)。仕事では、イントラネットにあるIE形式のfile:スキームのリンクに対応するために仕方なく使ってます。
*3 Pukiwiki Plus!のページも書記は英語で表示されてしまいますが、ちゃんと日本語への切り替えが用意してあるんすね。



コメント

適当に書いて頂いて構いません。スパム対策があるので、書き込めない場合があります。また、ボタンを押した後にしばらく時間がかかります。

新規コメント(ラジオボタンで親コメント選択可)
お名前

現在、コメントはありません