Top > Blog > 2008-06-27
Last-modified: Thu, 03 Jul 2008 23:19:35 JST

白川郷

dyn_img:080627_宇津江四十八滝.jpg 高山のホテルを出て、白川郷へ向かう。途中、宇津江四十八滝に寄ってみた。平日だけあって?往路は誰もいなかった。一番奥までは30分以上かかったと思いますが、テンポよく滝が現れてくれて和めるので、それほど辛い道のりではないです。

昼過ぎに出発して、白川郷に向かいました。東海北陸道は前線開通は残念ながら7月5日なので、国道360号線で1時間半以上をかけた山越えでした。国道としては今まで通った中で一番険しかったと思います。正直、けっこうしんどかった。

dyn_img:080627_白川郷.jpg 白川郷に到着したところで、まずは昼ごはん。その後にぶらっと合掌造りの町並みを一周。藁葺屋根(わらぶきやね)は枯れ草を束ねたような感じ。火気厳禁の看板もうなずける。出会い橋の周りは韓国の観光客の皆さんで一杯でした。日本観光ツアーのコースにでもなっているんだろうか。

展望台行きのバスが16:30頃までしかなくて乗り過ごした。観光案内所で聞いてみると、平日は車が少ないので自分の車で行っても停めれますよ、とのことでした。展望台からの景色は盆地っぽくなっている白川郷全体を見れました。今の季節は、緑、緑でしたが、季節によってまったくかわった景色になるんだろうな、という印象です。秋に来てみたいな、って思いました。


dyn_img:080627_加賀屋.jpg

退職した会社の社員割引がまだ利用できるということで、今日明日と加賀屋に2泊させてもらいます。白川郷から和倉温泉まで1時間半ほど。

案内された部屋は、目の前は七尾西湾、奥は能登島の景色(内風呂はこの部屋を見ながら…)、掘りごたつもついて、快適な部屋でした。夜はショーをやっていたり、風呂にエレベーターがあったりと、気持ち悪いくらいでもありました。

到着してから風呂に行ったので、夕飯が7時半から2時間。遅くまで付き合ってくれた親切丁寧な仲居さんにはちょっと申し訳ないことをしました。2泊するからなのかは知りませんが、夕飯の最中に料理長が部屋に来て、2日目の食事の希望を聞きにきてくれました(お任せですが)。その後、また誰か入ってきたと思ったら、支配人さんでした。当たり障りの無いグダグダな会話をして、戻って行かれました (^^;

とっても「おもてなしの心」というものが感じられる素晴らしい旅館で、満足でもあるんですが、貧乏性の私にはもったいなさ過ぎか…。




コメント

適当に書いて頂いて構いません。スパム対策があるので、書き込めない場合があります。また、ボタンを押した後にしばらく時間がかかります。

新規コメント(ラジオボタンで親コメント選択可)
お名前

現在、コメントはありません