Top > Blog > 2008-04-10
Last-modified: Sun, 18 May 2008 10:54:33 JST

ホルタ心電図

ここのところ、ちょこちょこと出社前の時間で病院に行ってました。1年くらい前から左胸が重かったりすることが多く、気になったため。左胸を下にして寝るとちょっと苦しい感じがする程度ではあるのだけれど。

循環器系の医師がいる日を狙って内科を受診。予想通り、胸部レントゲンと心電図検査を実施。どこにも問題が無いということで、「24時間の心電図をとってみましょうか」ということになりました。ホルタ心電図と呼ぶらしいです。

装着は看護師さんがやってくれました。別の日に予約して病院に行き、胸に電極?を4箇所(5箇所?)を貼り付け、記録装置をゴムバンドで腹に巻いておく。記録装置の大きさは、5cm角くらいの厚さが1cmくらい(写真撮っておけばよかった)。薄着でなければ、他の人からは着けていることが解らないかも。お風呂にも入って良いと言われた。結局、タオルで体を拭くだけにして、入らなかったが。

「行動記録カード」というものを渡されて、やったことを記録する。「歩いた」などの項目があるが、仕事中に結構移動するので、全部書き切れない。だんだん、何を書き込んで、何を書き込まなくていいのか自分でも基準がわからなくなってきて適当になる。胸の締め付けや動悸があれば、記録装置にあるボタンを押しておくと、その時刻が記録されるとのこと。結局、装着していた24時間、何も起こらなかった(もともと突発的な激痛は無いんだなー)。

翌朝も病院に行き、電極を取り外す。電極は大きめのシールで固定してあるのだが、この日の朝はかなりかゆかった。シールを取ってもらっても数時間はかゆみが継続して、仕事になりませんでしたよ。

そして、検査結果は2週間後ということで、今日行ってきました。端的に、「3拍抜けてたけど、気にしなくていいやつです」と言われる。問題ないそうです。脈って抜けててもいいんだ。。

心臓周りは循環器系としては異常なし、近いので胃の検査してみますか、ということで、次はバリウム検査です。予約してきたので明日また行ってきます。あやしいところは全部見てもらいたい気持ちです。




コメント

適当に書いて頂いて構いません。スパム対策があるので、書き込めない場合があります。また、ボタンを押した後にしばらく時間がかかります。

新規コメント(ラジオボタンで親コメント選択可)
お名前

現在、コメントはありません