Top > Blog > 2008-03-23
Last-modified: Sun, 04 May 2008 02:03:06 JST

気球初乗り!

dyn_img:080323_気球_準備.jpg 会社の先輩が参加している気球のフライト練習にお邪魔させてもらってきました。気球を実際に見てみたいという願いが叶っただけでなく、なんと、乗せてもらってきちゃいました。

朝4時に起きて風呂に入り、5時に迎えに来てもらって、高速を使って鈴鹿へ走って6時半に到着。今日は私たちを含めて4つの気球がフライトしていた。

鈴鹿川の河川敷、野球グランド横にある駐車場で気球を組み立てる。膨らませるときは、大型扇風機の助けも借りる。駐車場に到着してから、離陸まで短ければ10分もかからず、ゲリラ的な雰囲気がとっても面白い。

dyn_img:080323_気球_バーナ.jpg 右の写真は、空気を熱するためのバーナ。今回乗せてもらった気球は、バーナ1個だったが、2個の気球もあった。上昇したいときは、このバーナーに着火する。逆に降下したいときは、気球上部につながったヒモを引くと、少し穴が開いて、熱い空気を逃がせるようになっている。操作できるのはこの2つだけ。

基本的に風任せな感じではあるけれど、高度によって風の向きや強さが違う。これを上手に利用して、行きたいところを目指す。パイロットは、工場から出る煙や他の気球の動きなど、風向きがわかる要素をチェックしてました。

1.5m四方くらいのカゴに3人乗り込み、まずはゆっくりと離陸(カゴの四隅にはガスボンベが設置されている)。上空の安全を地上から確認してもらってから、バーナーを連続燃焼。毎秒2~3mくらいの速度で一気に上空500mへ。

dyn_img:080323_気球_フライト.jpg 地上に残ったメンバーが飛行中の気球の周りを確認してくれていて、パイロットと常に連絡をとっている。また、離陸時と着陸時は助けがいる。気球に限らず、飛行機も含めて、多くのサポートがあった上でフライトできるんだなぁ、ということを実感。

上空は、少しガスってるものの、遠くまで見渡せる。寒くもない。風もほとんどなく、揺れや落下な感じも無い。高所恐怖症ってほどでもないけど、真下を見るとさすがに少し怖い。

一時間以上乗せてもらいましたが、大満足でした。見るだけのつもりで来たのに、乗せて頂いてホントに感謝です。ぜひまた(お邪魔にならないように)参加させて頂きたいと思います。


dyn_img:071103_気球_GP佐賀_(COPY).jpg 右の写真は去年秋の佐賀での競技会のもので、今回連れて行ってくれた先輩が撮影したもの。100くらいの気球が集まるとのことである。下記リンクにも綺麗な写真がたくさんあるので参照してほしい。

2008年の佐賀の競技会は10/30~11/4のスケジュールで行われる予定。名古屋からはちょっと遠いけれど、予定を空けて是非とも見に行きたい。同志求む (^-^

教えてもらった気球関連のサイト




コメント

適当に書いて頂いて構いません。スパム対策があるので、書き込めない場合があります。また、ボタンを押した後にしばらく時間がかかります。

新規コメント(ラジオボタンで親コメント選択可)
お名前

現在、コメントはありません