Top > 近似法 > 01.Introduction
Last-modified: Fri, 30 May 2008 19:25:01 JST

近似法:はじめに

数式の表記

特別な注意書きがない限り、以下の規則で記号を使用します。

  • xのように細字で表記される記号はスカラー量です。
  • \mathbb{A}のような大文字で太字の記号は行列を表します。
  • \mathbb{a}のようなイタリック太字で表記される記号はベクトルを表します。
  • \mathbb{A}^T右肩の記号Tは転置を表す記号です。
  • \mathbb{a}は縦(列)ベクトルを表します。
  • \mathbb{a}^Tは横(行)ベクトルとなります。
  • ベクトルの成分としてa_1,a_2,\cdots\mathbb{a}=\begin{Bmatrix}a_1 & a_2 & \cdots\end{Bmatrix}^Tとして無断で使用されることがあります。

数式はmimetexでレンダリングさせてもらっていますが、latexに比べると綺麗さはイマイチですな…。ベクトル表記も見にくい (..;

お願い

  • 本文書の応用で生じる不具合について、弊サイトは責任を負いません。負えません。
  • 文書中に誤りがあれば、お手数ですがページ末のコメント欄でご指摘をお願い致します。

履歴

2008/04/10 mimetexに対応させて、とりあえずアップロード




コメント

適当に書いて頂いて構いません。スパム対策があるので、書き込めない場合があります。また、ボタンを押した後にしばらく時間がかかります。

新規コメント(ラジオボタンで親コメント選択可)
お名前

現在、コメントはありません